おおたゆうさくの文

自分で体験したことを書いたり、創作で小説を書いたり、ラジバンダリするブログです。色んな事をやっているのでTwitterやインスタ、noteなどもご覧ください。

タグ:ネトラレ

otyokoyan

今やっているNHKの連続テレビ小説「おちょこやん」
いわゆる朝ドラ
僕は家にTVがないため夜勤の勤務の時に朝方見ることがある

それで先週の見た?みんな見た!?
一平(主人公の夫)が浮気したの見た!?
しかも、浮気相手が主人公と仲が良かった女性、しかもお腹の中には赤ちゃんが…
凄い修羅場を朝から見させられた。
そしてお互いがなくシーンを見たときに「僕、前に同じ経験したことある」と思ってしまった。

そう、あの僕の一番の黒歴史。ネトラレ事件だ。
僕も高校から仲良かった奴にネトラレたし、そこから連絡すら取ってない
別に取ったってかまわないけど、僕からは連絡しないだろうな、多分

しかし、おちょこやんの主人公は僕と違って大人で、浮気相手の女性のことを労わっていた。
僕にはそんなことできない。
すげぇと思っちゃった。

また一つ成長したおおたゆうさくであった。
まあ、今は彼女いないんだけどね

ではまた
このエントリーをはてなブックマークに追加

kanojotono
(注)この記事は過去、noteに掲載したものです。

彼女とは高校3年生の時にSNSを通じて知り合った。
3つ年上で顔が丸くて天然で素敵な女性だった。今では珍しくないかもしれないがバカにされたくなかったので共通の友達がいて知り合ったと噓を付いていた。当時童貞で女性との関係なんて母とバイト先のおばちゃんチーフしかいなかったので女の子との免疫力なんてほぼ0に等しいものだった。

ではなぜこの僕が彼女を射止めたかというとあの時の僕はシャイで女性にはすごく優しくしていた。そう母とおばちゃんチーフにも優しく接していた。彼女にも優しくしていたら僕を好きになってくれた。彼女に「太田君は生きていて初めて顔じゃなく、性格で選んだんよー」と言われた。嬉しかったが悲しかった。顔はどうなんだよ?

彼女とは僕が社会人になってすぐ同棲をした。色んな事があった。いっぱい遊んだし、笑ったし、ケンカもいっぱいした。でも3年くらい同棲したある日、別れを彼女は切り出してきた。理由はその時パニックになっててしっかりとは覚えていないが、一言ハッキリ覚えているのは「一旦距離おきましょ。立派になって迎えに来て。」(ごめん二言だった)

同棲してたアパートは元々彼女が一人暮らししていた所に僕が上がり込んでいたので僕が出ていく事になった。荷物が多かったのと仕事もあったので2週間猶予を貰った。

一週間たったある日、前回の記事で書いた友達からLINEが届いた。「ゲームしよ。」別れた直後そんな気分じゃなかったので冷たく断った。その時の様子を見た彼女に「友達には今の状況関係ないんだから冷たくすることないんじゃない?」と言われた。うるせぇ!と思ったが、確かに八つ当たりするのも違うかとも思ったのですぐLINEした。 「ごめん!やっぱりゲームしよ?」しかし友達は出かけてしまっていたらしいので2時間後やることになった。

2時間後、僕はswitchを起動し、TVの前で待っていた。友達から電話がくる。しかし友達はまだ外出中だった。あれっ?ゲームは?と思った瞬間、友達は話し始めた。とても変な話し方だった。「えっと」や「あのー」が多いし、何か言いたげだったが言いずらそうだった。嫌な予感がした。珍しく僕の第六感が警報を鳴らしていた。そして友達はこう言った。

「ちょっと早いかもしれないんだけど○○(僕の元カノの名前)と付き合うことになりました。」

は?

え?

なんて?


ちょっと早いかもしれないんだけど○○(僕の元カノの名前)と付き合うことになりました?っていったか?


ちょっと早いかもしれないんだけど○○(僕の元カノの名前)と付き合うことになりましたってなんだよ。まだ別れて一週間だぞ。早すぎるだろ。友達と彼女と三人で遊ぶこともあった。面識はもちろん、LINEも知ってる

あれっ?もしかして、もう振られた時にはもうできていたのか?3人で遊んだ日々の記憶を走馬灯のように頭の中で映像化された。時間にして1秒くらいだと思う。

記憶の所々に変な違和感があった。同棲していたアパートで三人で鍋パーティーの時、妙に距離が近かったり、居酒屋で飲んでいて僕がトイレから帰って来た時変な雰囲気だったりした記憶があった。後々話しをいろんな友人や知り合いに聞いたらどうやら寝取られていたみたいだった。

つまり彼女が僕を振ったとき言った「一旦距離おきましょ。立派になって迎えに来て。」はキープ???

この記事はノンフィクションです。
昨日書いたブログの中にあったネトラレ話です。
その後の内容は明日公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

hukuenn

よくSNSで「元カレ(カノ)と復縁したい」という投稿を目にする
別に悪いことではないが、僕からしたら考えられないことである。

そもそも別れるということはお互いの同意の上であると思っている。
僕も2年前に当時付き合っていた彼女に別れを切り出されて、別れた。
後々、聞くと同級生にネトラレていたんですが、それでも未練なく次の恋を求めていました。
しかし2ヶ月後、そいつらは別れて、元カノが復縁したいと言った時には
「何こいつ」と思ったのを未だに憶えています。

他の男に行ったやつが舞い戻ってきたのは、流石に驚きました。
彼女の言い分だと「失って初めて気付いた。あなたのことが大事だって」と言っていた。
こんな都合のいい事がありますか。


そこからですよ

僕が腐り始めたのは。

まあ、この話は長くなるのでまた、別の機会に書きましょうかね…

もう一度言いますが、復縁したい理由がホントにわからない。
少なくとも不満があったから別れたんだし、それでまた、復縁しようものなら必ず別れると思いますよ

仮に、一方的に別れを切り出されたとして、どうしても復縁したいとしよう。
それでもし、復縁に成功したとしてその付き合いは長く続くのか?

僕には中学までの同級生に付き合って、別れて、付き合って、別れてを5回ぐらい繰り返す所業をやった奴がいます。今そいつはハリアーを乗っている。彼は女性より車の方が魅力的だと思ってしまったのかもしれない。思い出には残っていたが、後には残らなかった。

もしかしたら、僕が男性だからこの様な意見しか、出ないのかもしれない。
もし、このブログを読んでいる人で「女性はこういう事思ってますよー」という意見がある方がいらっしゃればコメント、お問い合わせ、Twitterなどで教えてくれると嬉しいです。

今回は恐らく偏った意見しか、言ってない自覚がある珍しい内容なので続きは今のところ書くつもりは無いですが、沢山意見が出た場合それをまとめてUPしたいと思います。

ではこの辺で
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ