おおたゆうさくの文

自分で体験したことを書いたり、創作で小説を書いたり、ラジバンダリするブログです。色んな事をやっているのでTwitterやインスタ、noteなどもご覧ください。

タグ:恋愛

shitto_woman


どんな恋愛にも必ず嫉妬は必要である 嫉妬がないと味気ない恋愛になってしまう。 しかし、この嫉妬がありすぎると濃すぎてすぐ別れたくなってくる ほんとに少しの嫉妬が大事である これはステーキに例えることができる ステーキが恋愛 嫉妬というのは塩だとする 何も味付けしてないステーキだと味気ない しかし、ほんの少しの塩で美味しく食べることができる しかし、塩をかけすぎると塩辛くなってしまってそのステーキは食べれたものではなくなってしまう。 ほんの少しの塩でいいのだ いい肉だったら... 安い肉はべっとべとにステーキソースかけて誤魔化すしかないかもね
このエントリーをはてなブックマークに追加

dec01f2c7a606d0df663ba31f8afd777

こうしたら、みんな仕事やりやすいだろうな

僕はそんな事を考えながら仕事をしている。
全てに気を使っている

しかし、中には気の使えない輩がいる。

「もっとこうしたほうがええやろ」、「なんでこうなってしまったの?」、「相手の事全く考えてないな」など、度々思う。

そう思ってはいるけど中々言葉に出ない事もある。

何よりも揉めるのが嫌なので先輩や上司、プライドの高い同僚には言わない。

しかし、そういう人ほど後々痛い目に遭っている。
そんな話をしている。

そうして改心してくれればいいが、度々同じ過ちを犯しているのを見ている。
成長がない

愚痴ではない

そんな人にこれを読んでいる人はなってほしくない

昨日の自分より成長出来たらそれでいい。
間違っても立ち止まってはいけない。
地球は常に回っている
止まっているということは後退しているのと一緒なのだから…
このエントリーをはてなブックマークに追加

otokotokuruma

最近若者の車離れが深刻みたいだが、僕も実は今は車を所有していない。 しかし、地方を見れば乗ってる人がほとんどだろう
今回の内容は女性に見てほしい。 「この人ってどう言う人なんだろう?」と付き合う前に思ったことはないだろうか? そんな時、相手の車を見れば全て分かると過言ではないです。 運転している姿を見ると恐らく本性を現すでしょう。運転が荒い人、煽り運転する人、気遣いの出来ない運転の人、 ここら辺はやめておきましょう。 付き合った後に後悔します 乗っている車でもどんな女性が好みかわかります。 例えばカッコいいスポーツカーで燃費が悪く、機能性もそこまで良くない。 そんな車を乗っている人は見た目が一番重要視していて中身なんて二の次と考えています。 男性に奢ってほしい人はこういう車を乗ってる人を選びましょう 逆も然り、日本車で燃費もよく、カーナビなどの機能性も高い。 そんな車を乗っている人は中身が一番と考えている人なので本当の愛を探している人はこういう人を選びましょう。後悔しないと思いますよ。 後、たまに車を2台持ちしてる人がいます。 この人は確実に浮気します。 でもお金を持っているのは確かです。 うまく付き合っていきましょう。 今回は女性に対して書いたブログなので女性の方たちは他の友達にもこのブログを勧めるように ではまた
このエントリーをはてなブックマークに追加

kikanngenntei

以前彼女と別れた話とその後の話を書いたのだが
今回は「その後の恋愛の話が聞きたい」とのリクエストがあったのでここに記そうと思う。

と言っても彼女と別れた経験が尾を引いてその後、まともな恋愛をしていないのでそこら辺をご了承ください



別れた後、僕は転職し、最初一ヶ月は研修で名古屋に通っていた。
中途採用なのに8人も研修に参加。
メンバーは男6人、女性2人で、男6人は地元の人たちで、女性は九州から研修の為一ヶ月名古屋に滞在していた。
研修内容は様々でビジネスマナーから建築の内容まで実に濃かった。
研修内容の一つにコミュニケーションの項目があり、二人一組で3分間自分の話をして相手の反応を見るという課題があった。
今考えたらこの課題は必要なことだったのだろうかと疑問があるがそれはおいておこう
そこの課題でペアになったのが九州から来た女性の一人だった。

僕はその課題で、寝取られた話を彼女にした。
寝取られてから1ヶ月も経ってない、自分で自分の傷口をえぐるようなことをしたが、
彼女は「え、、、可哀想」と反応してくれた。
何かわからないが僕の心は少しだけ救われた気がした。
その週末に8人で飲み会をした。
その女性みんなとは大いに盛り上がったと思う。
僕は先ほどペアになったその女性にナンパではないが、「九州から来て名古屋わかんないなら案内しようか?」とダメもとで言ってみた結果
「ほんとですか?是非お願いします。」といい意味で予想を裏切る結果となって少しうれしかった。

休みの日に車で色んな所に行った。
ホントにデートだったと思う。
その帰りに話の流れから「研修メンバーの中で一番いいなと思ってました。」と夕陽のせいか、顔を赤くして彼女は僕に言った。

僕も夕陽のせいで真っ赤になってしまった。
しかし、彼女は九州の人。
来月には名古屋を去ってしまう。

遠距離は嫌だと僕はハッキリと伝えた。
その上で一ヶ月間僕でよければ色んな所に一緒に行く約束をした。

期間限定の恋愛
ホントに色んな所に行った。
岐阜県のおちょぼ稲荷、三重県の長島リゾート
あれっ?名古屋全然行ってないw

そして、最後に会った日の夜
車で彼女を宿舎に送ってさよならを伝えた

その時、彼女は涙ながらに「今までありがとう」と車を出て帰っていった。
また、僕は女性を泣かせてしまったみたいだ

END








PS


3か月後、彼女から「彼氏ができました」と報告が来た
あの時の涙は果たして本物だったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

hukuenn

よくSNSで「元カレ(カノ)と復縁したい」という投稿を目にする
別に悪いことではないが、僕からしたら考えられないことである。

そもそも別れるということはお互いの同意の上であると思っている。
僕も2年前に当時付き合っていた彼女に別れを切り出されて、別れた。
後々、聞くと同級生にネトラレていたんですが、それでも未練なく次の恋を求めていました。
しかし2ヶ月後、そいつらは別れて、元カノが復縁したいと言った時には
「何こいつ」と思ったのを未だに憶えています。

他の男に行ったやつが舞い戻ってきたのは、流石に驚きました。
彼女の言い分だと「失って初めて気付いた。あなたのことが大事だって」と言っていた。
こんな都合のいい事がありますか。


そこからですよ

僕が腐り始めたのは。

まあ、この話は長くなるのでまた、別の機会に書きましょうかね…

もう一度言いますが、復縁したい理由がホントにわからない。
少なくとも不満があったから別れたんだし、それでまた、復縁しようものなら必ず別れると思いますよ

仮に、一方的に別れを切り出されたとして、どうしても復縁したいとしよう。
それでもし、復縁に成功したとしてその付き合いは長く続くのか?

僕には中学までの同級生に付き合って、別れて、付き合って、別れてを5回ぐらい繰り返す所業をやった奴がいます。今そいつはハリアーを乗っている。彼は女性より車の方が魅力的だと思ってしまったのかもしれない。思い出には残っていたが、後には残らなかった。

もしかしたら、僕が男性だからこの様な意見しか、出ないのかもしれない。
もし、このブログを読んでいる人で「女性はこういう事思ってますよー」という意見がある方がいらっしゃればコメント、お問い合わせ、Twitterなどで教えてくれると嬉しいです。

今回は恐らく偏った意見しか、言ってない自覚がある珍しい内容なので続きは今のところ書くつもりは無いですが、沢山意見が出た場合それをまとめてUPしたいと思います。

ではこの辺で
このエントリーをはてなブックマークに追加

daijinakoto

今回は僕が人生で一番大事だと思う事をここに書こう

僕が23年間生きてきて一番大事な事は「積み重ね」だと思う。
いくつかその理由を挙げていこう。

高校生までの積み重ね
まず、高校生までの人に言えるのが「勉強」です。
これを読んでいる人の中には、「こんなん将来何のためになるのよ」とか「サインコサインいつ使うん?」などの意見が多数あるのは分かっています。僕もそう思ってました。
僕も偏差値は高くないし、元々勉強は好きではないが今は勉強を積極的に取組んでいます。
しかし、高校生まで全く勉強をしてこなかった僕にとって勉強をするという習慣苦行になっています。

しかし、やらなくちゃ変わらない。
勉強を始めてからブログ更新を行ったり、ちょっとだけだけど給料が上がったりしています。
一年の積み重ねが今ようやく形となってきました。今までサボってきた僕でも1年で形になったんです。
今している「勉強」は無駄では決してありません。僕と一緒に頑張りましょう。

大学生の積み重ね
大学生の多くはやはり就活します。
就活には履歴書、経歴書、エントリーシートなど書きます。
そこに書く文章は自分が行った出来事自分で文章にまとめて自分で提出すると思います。
その後は筆記試験や面接もあります。
大学4年間を充実した人はパパっと文章を書いたり、コミュニケーション能力もあるので面接に対応出来ると思われます。
仕事柄、中途採用の面接を対応させて頂きますが、時に履歴書と経歴書が無茶苦茶な文章を書く人がいます。
企業側がそれを見た時、「この人は客先にメールも送れない人」と思ってしまいます。
更に自分を取り繕って面接しても大体、面接官は分かってしまいます。
日頃からの「積み重ね」が後にズルズル引きずる可能性が高いです。
今のうちに人生を充実させましょう。

恋愛の積み重ね
最後に恋愛面での「積み重ね」ですが、年相応の恋愛をするのが大事だと思います。
高校生くらいで初恋をして、振られたり付き合ったりしないまま童貞で25歳で結婚しようとしている人をドラクエで例えるならスライムとかドラキーを倒さず、棍棒一つでいきなりドラゴンに戦いに挑みに行くようなものです。経験値を稼いで、装備はお金を貯めて道具屋で買う。
強い装備品は高いので強いモンスターを倒さないといけません。女性はお金を稼ぐ能力を持った男性を好む傾向があります。
一歩一歩「積み重ね」をしていかないと竜王は倒せません。
中には「30歳過ぎたらモテる」という話も聞きますが、それはそれまでいっぱい色んな経験をしてきた人で積みあがった結果がモテるのであって、30歳の童貞で不潔なデブはかなり気持ち悪いのでモテません。

最後になりますが本当に「積み重ね」が人生大事なので皆さんもコツコツと努力していきましょう
塵も積もれば山となる

以上です!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ