おおたゆうさくの文

自分で体験したことを書いたり、創作で小説を書いたり、ラジバンダリするブログです。色んな事をやっているのでTwitterやインスタ、noteなどもご覧ください。

タグ:持論

app_icon

最近は電子説明書になってきてるが、まだまだ家電を買ったら付いてくる ごく稀に分厚い説明書がある あれなに? 何であんなに分厚くするの? あんなに分厚くしたらその商品は未完成だよな? あんな説明しないと扱えないものなんだから世に出したらあかんって 今時のゲームは本当に説明書がない チュートリアルとかがあるからすごくいい あれが理想、 あんなに分厚くすると本当に説明したいことが説明できへんって これは会社でも言えることであって新入社員にあーだこーだと多く一気に教えるとそりゃ覚えんって 何も分かってない もっとシンプルにしないとほんとにダメになるぞ本当に 僕は若者なんでこんなこと言ってるけど 内容はおじさんみたいなこと言ってる そんなんが僕です
このエントリーをはてなブックマークに追加

iwakan

生きている中で皆さんは
違和感を感じたことがあるだろうか? 僕はしょっちゅうあります しかし、それをいままでスルーする事が多かった。 今はブログでその違和感を書いたりしてるのでスルーする事は少なくなりましたが、やはり自分の勘は大事にした方がいい。 僕はその違和感をスルーしたことにより結構損をしてきたと思う。 今はほんとに自分を出すことに成功しているがほんとに人に騙されたり、お金を取られたりしている。 少しでも違うかもと思ったらやめた方がいいし、感触が良ければ続けた方がいい。 人生という時間は有限だから全てのことにチャレンジできない。 だからこそ早めの見極めは必要だし、言葉にならない違和感は大事にした方がいい。 僕はなんでもやりたい人だからとにかくやる。全てやる そこから添削していって今の形になっている。 今後更に色々な事に手を出して色々なものを削っていく。試行錯誤の繰り返しをしている。 もちろん自分の目標に向かってだ! 適当ではない。 その目標を達成できればどんな手段だって構いやしない。 違和感さえなければ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回でアフェリエイトブログについては最後にします。

なんやかんやで一番気になるのはどれくらい稼いでいるのか?とかお金の話を聞きたいかなと思って書きます。
規定により具体的な金額は言えませんが、Googleアドセンスの最低額以上にはなります。
最低額が気になる方は前回の記事をみて下さい

しかし、ぶっちゃけそんなに利益になってないのが現状です。
色んな事をブログに書くための投資、費用などがあるのでトントンぐらいです。
僕もまだ、始めて3ヶ月ぐらいなんでそんなもんです。
簡単ではありません。そんな世界ではありません。

もし、仮に「簡単に稼げる!!アフェリエイトブログ!!」みたいな内容の情報教材があるとすれば全て噓です
舐めないでください。そんなもの買わないでください。

僕は収益目的でやっている訳ではないので参考にはならないと思います。
しかし、人間というものは遠回りする生き物なので自分なりに悩んで頑張ってみてください

そこで参考程度に報酬型のアフェリエイト広告を貼っておきます。
実際にクリックしてみてどんな感じか試して下さい。
もちろん買わなくていいです。参考程度にAmazonアソシエイトを貼っておきます。



ではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

150px-Death_Note,_Book.svg

この世にはデスノート的な物が存在しているのだと僕は考えた。

それは、TwitterやインスタなどのSNS
僕の仮説では SNSデスノート 
詳しく説明していこう。

昨年、誹謗中傷で自殺された著名人が数人いる。
すべてがSNSのせいで自殺したとは思いませんが原因の一つでした。

その人に対して「死ね」だの「消えろ」だの書いた人がいる。
そして、事実お亡くなりになった人がいる。
これをデスノートと言わずして何というんだ?

しかもこれの何がたちがわるいのかというと、デスノートを使っているという自覚がないということだ。

一人一人がデスノートを持っていると自覚して今後、SNSを皆さんには使ってほしい。
これは僕からのお願いです。
よろしくお願いします。

しかし、SNSは使い方によっては、皆が救われる道具としても使うことができます。
僕はやっとやりたい事が定まった。
YouTubeやTwitterで皆さんを笑顔にしたい。
ターゲットは「毎日生きててつらいな」とか「毎日疲れたな」と思っている人たちにくだらない動画を出したり、癒しの動画を作ったりする。
「こんな奴もいるんだ」と笑ってくれたら嬉しいです。

ではまた、
このエントリーをはてなブックマークに追加

c6638121fcb360b2ca21608c0a601dac_t


よくこの言葉を耳にする。最近もニュースで見たばかりだ 誰でもどこかしらで洗脳されてる事が多い。 極端な例で言えば色んなビジネスがまさにそうだ 如何にもこちらが正しいように相手をコントロールする。そして
洗脳された方は何かしらの不利益な事が起きる。 しかし、大人になってからの洗脳より、子供の頃の方が洗脳を受けている可能性が高いんではないかと思っている。 例えば、親が野球の阪神ファンだとしよう。 親が熱狂的に応援している姿を見せる。 テレビではいつも阪神戦が映されている。 球場へ親と行く時も阪神の帽子をかぶっている。 この行動を繰り返すと子供も阪神ファンになっている事が多いと思う。 僕の住んでいた地域は中日ファンが多かったが、親が巨人ファンな事もあってあまり野球に興味なかった僕でも巨人を応援していた記憶がある。 こんなことを考えていると全てが洗脳ではないかと思い始めてきた。 DV男に引っかかる女性や、公務員や大企業で働く事がいい事だと思っている事。 更に言えば、この世の常識でさえ洗脳ではないかと思い始めてきた。 洗脳されない人はいない。 洗脳されてもいいと思う人を慎重に選ぶ事が重要であると僕は考える。 何事も自分で判断できないと痛い目を見ることになる 皆さんも気をつけてほしい これを読んでる人だけでも救われたら僕は嬉しいです。 では PS Googleアドセンスなんか知らんけど広告外れたんだけど!! ふざけんな!
このエントリーをはてなブックマークに追加

rukkizumu

今日僕は初めてこの言葉を耳にした。
この言葉を教えてくれたのは高校生
つまりこのブログは高校生のリクエストによるものだ

まず、ルッキズムとは何ぞやと思った僕は調べた。
以下、コピペ

ルッキズム[1]Lookism)とは、美男子美人(≒美少年美少女)を持ち上げ、逆に身体的魅力的でないと考えられる人々を差別的に扱うことを指す[2]


つまり容姿的差別をする事。確かにそれはいけない事かもしれない。
しかし、これって生物学的にしょうがないことじゃないか?
人間はより良い遺伝子を求める。つまり容姿が良かったり、頭がいい人のところに好んで人は集まる。

みんな発言しないだけで心の中ではそんな差別をしているのではないかと僕は考える。

このルッキズムを調べて思ったのはそれを利用して被害者ヅラする不細工な奴らの方が僕は苛立ちを覚える。
美男美女に対してかわいくなる努力、かっこよくなる努力をしてない人が逆恨みをするのは間違っているのではないか?

デブは瘦せる努力をしたか?
バカは頭を良くする努力をしたか?
貧乏人は金持ちになる努力をしたか?

してないだろ?
何もしてないだろ?

どうもこの世の中は何もしていない人がそんなことをしてる

ふざけるな!と僕は言いたい

これを読んでくれる人にはとても感謝をしている。
別にアンチや文句はいつでも受け付けている。
しかし、それをしたことで自分自身何になる?


そのことを考えて皆様には今後をよりよいものにしてほしい

なお、このブログは作者の偏見が混じっています。

最後になりましたが過激な発言を失礼いたしました。
では、また

このエントリーをはてなブックマークに追加

kakomirai

最近、僕が子供の頃見ていたアニメやドラマの主題歌を聞いている
その時に「懐かしい」「また、聞きたい」と思う。

しかし、なぜ、そう思うのか不思議に思った僕は少し考えた。

そして、少し意外な結論に達した。

過去は美化されている

どうゆうことか説明していこう。

人間という生き物は都合のいい方に物事を考える。
それが過去の記憶にも起きている

たまにおっさんが「昔はよかったなぁ」とほざくと思うがこれは全くの妄言だと僕は思う。
会社の話を聞けば、今よりも過酷な労働環境で給料もバブル崩壊以降そこまで変わっていない。
挙句の果てに「俺たちの頃はもっとこうだった。」と物事を正当化することもある。

自分たちが過去辛かったからいまの人達にもそれを押し付けようとする。

確かに思い出に浸ると心が癒されることはある。
しかし、それは過剰に反応してることの方が多いのではないか?

冷静に考えた僕は過去は確かに楽しかったし、いい思い出もあるが、
今の方がもっと楽しい。好きなことをやれている自分がたのしい。
こんなに毒を吐いているのに見てくれる人がいてとても嬉しい。

過去を振り返ることもいいが、未来を見ることの方が楽しい。
皆さんも過去ばかり見るのではなく少しでいいので未来を見てほしいとおおたゆうさくは思いました。

では







このエントリーをはてなブックマークに追加

kawatteiruhito

皆さんの周りには変わっている人はいるだろうか?

必ず一人はいると思う。
しかし、逆の発想をしたことがないだろうか

「自分が変わっている人」
だから、周りの人たちは自分とは違うから変わっている人に見える


僕は自分は変わっている人だとは思っていません。
しかし、周りから見るとどうやら僕は変わっている人らしいです。
休日に会社のオフィスに行き、打ち合わせやその他の作業をする。

同じ職場の人からすると「休日になんで仕事しているの?」と思われます。
自分のために行動をしているだけで、そんな意見が出ます。

僕からしたら、世の中に文句だけ言っていて何も行動をしてない人は変わっていると思ってしまいます

文句は置いといて…

つまり、自分の考えられない行動や思考をしている人が変わっている人の定義に当てはまるんじゃないでしょうか?

自分の常識なんて18歳までに見てきた偏見で構築されているんです。
みんな変わってて当たり前、
みんな違ってみんないい

無理して変わらなくていい
自分らしさを最大に発揮すれは、武器になる
武器になれば、自分の才能に気づける

才能について書いた事がある。
詳しくはこちら
食わず嫌い

ひたすらに自分の武器を磨き続ければ、いい方向に進むだろう

もし、自分が何をしていいか分からないのなら、一冊本を読むことをオススメします。
何でもいいです。
普段読まないジャンルの方がいい
普段漫画が多ければ、活字のビジネス書だったり、
普段ライトノベルが多ければ、漫画で分かりやすく説明している歴史の本

そんな感じで読めば、色々気づく事が多いと思います。
「やっぱり合わないな」とか「意外と面白いかも」
是非始めてみて下さい。

では、

PS

どうしても何の本を読んでいいか分からない場合はオススメを貼っておきます





僕の人生には事件が起きない
岩井勇気
新潮社
2019-11-15



このエントリーをはてなブックマークに追加

syuudan

僕は集団で群れる事が嫌いだ 何かゾワッとしたものが込み上げてくる 例えると宗教が一番近いと思う。 信仰してる神様をなんも疑いもなく崇めてる 僕はなにかと日常生活で疑問ができる事が多いので、「なんでそこ疑わないんだろぅ?」と思う事が多々ある。 別に宗教全般を否定してる訳ではない。 ただ、何一つ疑いなく周りと同じ意見だからという理由で物事を信じるのは少し違うと僕は思う。 また、昨日書いたブログの中でもあるがマルチ商法もその一つだと思う。 集団で群れて、自分では薄々辞めたいと思っているが周りと仲良くして楽しいし、友達も失いたくないと思っている人が多い。 マルチ商法をやってる人の多くは最初に「お金持ちになりたい。」とか「自由な時間が欲しい!」などという理由で始めている。 しかし、年月が経てば経つほど「製品がいいから使っている」とか「周りの人がいい人だからやっている」という理由に変わってしまう。
そういう人に限って金持ちとかに皮肉なことを言う。 これをニーチェの言葉を借りるなら「ルサンチマン」というらしい。 日本語訳に直すと「弱者の逆恨み」 意味は弱者が強者に非難や憎悪を抱くことです。 まあ、何かしらの集団に入ってない人の中にもルサンチマン的な人はいますが... もちろん入ってる人の中でもそんな考えを持っていない人もいます。 あくまで僕が関わったマルチの人はそう言う人が多かったという話です。 最後に勘違いしても困るので言いますが、別にマルチ商法自体なんも悪いとは思ってないです。 僕はやるなら勝手にどうぞと思っています。 別にビジネスとしては成立してるし、ほんのひと握りですけど稼いでいる人はいます。 不労取得じゃなくて労働取得になってますけどねw まあ、僕がやる事は今後ないので誘わないでくださいね ではまた、 PS なんか今回のブログ、棘多くね?
このエントリーをはてなブックマークに追加

jibunn

とあるSNSでこの事について書いて欲しいと言うリクエストがあったのでせっかくだから書こうと思う。 これは違う言い方をすると
下からマウントを取るやつ と言う事になる 芸能人だとわかりやすいと思う。 確実に僕らよりお金を稼いでいる人が不幸話をする嫉妬をする。 名前を出すと南海キャンディーズの山里さんがいい例である。 あの人はブサイクだの、気持ち悪いだの言われているが確実に僕らよりスペックは上だ。 喋ったら一級品、漫才やっても一級品、 そして女優の蒼井優さんと結婚している。 お金もそこそこ稼いでもいるだろう。 最近ではブサイクいじりはなくなりつつあるけどまだまだウサギのフリして噛み付き、嫉妬をしている。 こないだ弘中アナが本を出した際、オードリー若林さんが対談した内容にラジオで嫉妬していた。 ここまで書いているが、僕もどちらかと言えば下からマウント取りたい人 だからごめん。リクエストした人 俺もそっち側の人間なんだ 世の中の嫉妬をここに書いているんだ。 しかも毎日 しかし、山里さんと僕は決定的な違いがある それは 女優と結婚していない事。 もし、女優と結婚する時はまた皆さんに報告します。 では、
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ