おおたゆうさくの文

自分で体験したことを書いたり、創作で小説を書いたり、ラジバンダリするブログです。色んな事をやっているのでTwitterやインスタ、noteなどもご覧ください。

タグ:NHK

otyokoyan

今やっているNHKの連続テレビ小説「おちょこやん」
いわゆる朝ドラ
僕は家にTVがないため夜勤の勤務の時に朝方見ることがある

それで先週の見た?みんな見た!?
一平(主人公の夫)が浮気したの見た!?
しかも、浮気相手が主人公と仲が良かった女性、しかもお腹の中には赤ちゃんが…
凄い修羅場を朝から見させられた。
そしてお互いがなくシーンを見たときに「僕、前に同じ経験したことある」と思ってしまった。

そう、あの僕の一番の黒歴史。ネトラレ事件だ。
僕も高校から仲良かった奴にネトラレたし、そこから連絡すら取ってない
別に取ったってかまわないけど、僕からは連絡しないだろうな、多分

しかし、おちょこやんの主人公は僕と違って大人で、浮気相手の女性のことを労わっていた。
僕にはそんなことできない。
すげぇと思っちゃった。

また一つ成長したおおたゆうさくであった。
まあ、今は彼女いないんだけどね

ではまた
このエントリーをはてなブックマークに追加

interview_microphone_36961-300x300

ワイドショーでよく街角インタビューの映像をよく見かける

コロナの話題で観光客とかにもインタビューをしていたり、新橋辺りで酔っ払いにインタビューをしていたりしているのを見かける。

これはあくまで持論だが、TVのインタビューを受ける人って基本変な主観の持ち主だと思っている。
ほとんどの人は「恥ずかしい」「嫌だな」という感じで答えないと思っている。

ということはTVで答えてる人の意見は果たして世間の声と言っていいのか?
疑問は他のところでもある

コロナの中、観光客(家族)に無理やりインタビューをして、
「気を付けながら楽しみます」「気分転換に来ました」という声を悪く見える様に報道するワイドショーを見かけた。

このTVを見て思ったのは絶対ワイドショーのインタビューは受けない方がいいなと心から思いました。
例えNHKでも
絶対インタビューに応えてもらう人の気持ちを100%報道はしないだろうから…

ではまた


PS
今日引っ越してきて3回目のNHKの集金の人が来た
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ